Amazonからアカウント閉鎖メール【知的財産権侵害】


Amazonからアカウント閉鎖メール【知的財産権侵害】

 

 

 

いつものようにメールをチェックしていました。

 

 

 

やっぱりFBAは便利だなぁ。

 

 

なんて思いながらメールを見ていると

 

見慣れない件名が・・・

 

 

「Amazon.co.jp出品用アカウントについてのお知らせ」

 

 

ポチっとメールの内容を確認すると

 

知的財産権を侵害している

 

の文字があります。

 

ti1

 

 

え? なに? 損害賠償? 裁判?

 

 

 

初めてのことでビビリまくりです。

 

 

とりあえず、落ち着いてメールを確認します。

 

知的財産権を侵害していると連絡があったので

 

この商品は現在出品停止中です。

 

 

と理解できました。

 

 

 

そして、出品者がやるべきことが書いてあります。

 

ti2

 

 

権利者の連絡先を記載しておくので、直接連絡をし

 

交渉してください。

 

ということです。

 

 

 

何をどう連絡するの?

 

 

もう少しメールを読み進めると

 

ti3

 

 

権利者から再度この出品者は知的財産権を侵害

 

していると報告があれば、

 

直ちにアカウントを閉鎖するかもよ。

 

って書いてあります。

 

 

やばいよ~

 

どうしよ~

 

 

そんな言葉しかでてきませんでした。

 

 

 

さて、どうしたものかと思い私がやった行動は

 

相手先に謝りのメールをしました。

 

 

 

内容はこんな感じです。

 

知らなかったとはいえ、ご迷惑をお掛けいたしました。

直ちに出品をとりやめ、今後販売はいたしません。

申し訳ございませんでした。

 

 

 

返信はきませんでしたが、

 

アカウント閉鎖や停止の案内もきていません。

 

 

 

ちなみにAmazonセラーセントラルの

 

在庫管理画面はこんな感じです。

 

ti4

 

 

在庫があっても停止中となります。

 

在庫がある場合は返送しましょう。

 

 

 

 

 

まとめ

 

知的財産権侵害のメールが届いたら

 

無理に交渉しても時間の無駄なので

 

メールで一言謝って、その商品の取り

 

扱いをやめましょう。

 

 

在庫がある場合は返送し、ヤフオクや

 

メルカリなどで販売しましょう。

 

 

Amazonマルチチャネルを利用しても

 

問題ありません。

 

 

そいえば、要期限管理商品をFBA納品の作業中

今まで消費期限を入力する項目なんてなかった

のに急に入力をする項目が現れて困りました。

↓ ↓ ↓

FBA消費期限入力項目が突然出現

 

あなたの持っている【せどりの知識】を

発信してみませんか?

 

正しい道筋を通れば稼げます。

 

無料で学べるので登録しましょう。

期間限定なのでお早めに。